地図

マンツーマンの特徴を知る

英会話教室にも様々な種類がありますが、東京の英会話教室の中でも最近人気があるのはマンツーマンの授業です。少人数で行うパターンと異なり、マンツーマンの場合には細かな要望にこたえでくれる可能性が高いです。例えば、自分の中で苦手な発音の単語がある場合、その部分を徹底して勉強することも可能になります。マンツーマンの魅力は、細かいところを学べることですが、その半面生徒一人に対して講師も一人のため先生との相性が重要になってくるところです。

少人数制で行う場合

少人数制の英会話教室は、東京にたくさんありますが、そのメリットを見ると料金が安いことです。マンツーマンは生徒一人に対して先生一人がつきますので、料金が高くなりがちですが、少人数制の場合には先生一人に対して生徒が4人から5人になるため、安くなる仕組みです。一方的に授業をするところは少なく、少ない人数の中で発音のチェックや理解度のチェックなども行ってくれますので安心です。問題は、一度欠席してしまった場合振り替えがきかないことでしょう。

海外留学をする場合

海外留学をすること自体が英会話の勉強になるかもしれませんが、その大前提として英会話教室に通っておく人もいます。東京の英会話教室ならば、たいていの場合入門コースからスタートすることができるためまずは入門コースの門をたたいてみると良いです。基本的なところから人に聞くのが恥ずかしいような単純なところまで丁寧に教えてくれるのがポイントになります。もし、ランクアップしたい場合には、日常会話がマスターできるコースなどに昇級すると良いです。

海外で生活できるレベルのコースを選ぶ

もし、東京の英会話教室に通う場合、その目的が海外で生活できるレベルまで英会話を身につけるものだとすれば、入門コースや基礎コースでは物足りません。もちろん、全く何も知らない人は最初は入門コースからスタートする必要があります。ですが、基本ができているならばその上のコースを選んでみてもよいでしょう。専門的な単語などはそれほど出てきていませんが、フレーズがより多くなるためその分時間がかかることを覚悟しておかなければいけません。英会話の基本的なコースの場合には、30フレーズぐらい覚えればある程度会話をすることができるレベルに到達します。しかしながら、海外に行き生活できるレベルに到達するためには60フレーズから100フレーズぐらいは学んでいかなければいけません。そうすると、それだけで1年ぐらいの時間がかかると考えておくべきです。後は、その教室によってどのスピードで行うか決まりますので一度教室に行き話を聞いてみるのも良いでしょう。

広告募集中